不妊治療でも高確率で妊娠できるICSIとは|新しい命を授かる方法

確実な受精を図る方法

医者

方法の概要

現代では不妊治療の分野において、より確実に精子と卵子による受精ができる事を目的にした方法が研究されています。それがICSI、呼び名をイクシーと呼ばれている方法で、日本語では細胞質内精子注入や顕微授精といった表現で呼ばれる事が多くなっています。ICSIは従来から存在していた不妊治療法の1種である、体外受精を応用した方法、と言える治療法です。具体的には、胎内から採取した卵子細胞の細胞質内に、精子1つを直接注入する事で受精を図る、という仕組みです。この際、顕微鏡で観察しながら注入を行う面から、顕微授精という表現がされています。こうした顕微授精に該当する方法は他にもいくつか種類が挙げられますが、他の方法は成功率が低い事から現在では、顕微授精と呼べばICSIを指す事が多いとされています。

方法による利点と今後

こうした仕組みで受精を促すICSIでは、独自の特徴が挙げられます。主なメリットと言える特徴としては、受精率の高さがあります。従来の体外受精などの方法では多かれ少なかれ、精子の運動能力が受精に必要とされていました。一方ICSIでは、卵子に直接、精子が接触する事になるため、受精確率は格段に向上しています。こうした点から、精子側に問題があるケースでの不妊対策として有効となっています。一方で課題として、比較的新しい方法という事もあり、費用の割高さや関連法整備の遅れなどが指摘されています。またICSIでは一定の見解が出せる程の材料がまだ揃っていない、と指摘されるなど、データが少ないという面も挙げられます。今後の研究によって信頼のおけるデータが揃う事で、より安全性の高める展開を期待する状況だとされています。

妊娠できない理由

男女

体が冷えることによって不妊になることもあります。不妊になると妊娠しづらい体になってしまうため、原因となる体の冷えを改善する必要があるのです。改善方法には運動不足の解消や生活習慣の乱れの見直しなどがあります。また、改善効果が見られない場合は、病院で不妊治療を受けるとよいでしょう。

Read More

高度な治療で妊活を

妊婦

大阪で不妊治療に取り組む場合、妊娠の可能性をより高めるためには体外受精の治療を積極的に行っている病院を選ぶのがおすすめです。体外受精を行っているということはその分、高い技術力、設備がそろっているということです。病院選びのポイントとして押さえておくことをお勧めします。

Read More

昔の産婆さんのいるところ

看護師

助産院は助産師の資格を持っている人が運営している場所で、規模は個人でやっているところから病院のような大きなところまであります。産婦人科との違いは、助産師が医師ではないこと、出産およびその前後のサポートに特化しているところです。

Read More